オンライン顧客サポートが充実するサイト造りを提案

現在677の会員制サイトが作られています。
(※リアルタイム値)
無料登録ログイン

TOP » プラグイン設置方法(通常サイト向け)
プラグイン設置方法(通常サイト向け)
[戻る]

制限したいページへ埋め込むタイプです。
ホームページ作成ソフトで作ったサイトはこちらをお試し下さい。

プラグイン(lck_cloud.php)をダウンロード。
マイページの下図の場所からダウンロードして下さい。
(有料版のお試し版または正式版が必要です。)

プラグインファイル内の修正。
ダウンロードしたlck_cloud.phpを開いて、以下の赤文字の箇所を変更して下さい。
//==================================================//
$lck_cloud_uno = '13000';
$lck_cloud_domain = 'fs.lck-cloud.jp';
$lck_cloud_error = 'https://www.your-website.com/';
$lck_cloud_path = '/';
//==================================================//

1行目---LCK cloud会員制システムの登録Noに置き換えて下さい。
2行目---LCK cloud会員制システムのドメイン名に置き換えて下さい。
   (独自ドメインプランの場合は独自ドメイン名になります。)
    ※自サイト側のドメイン名ではありませんのでご注意下さい。
3行目---ログインエラーにより権限が満たされていない場合の
    飛び先となるURLを指定して下さい。会員制限がかけられて
    いないURLを指定する必要があります。
   (自社のトップページまたは会員サイトのトップページでもOK)
4行目---通常は変更の必要はありません。
   (自社のサイトが特定のディレクトリ以下で動いている場合に指定)
lck_cloud.phpを現在のサーバーへアップロード。
制限したいページと同じディレクトリへ転送して下さい。
制限したいページのソースの先頭に下記を加えて下さい。
<?php
include('lck_cloud.php');
lck_cloud('');
?>

<グループ制限方法>
lck_cloud(''); ←この状態はログインした人すべてが見れます。
lck_cloud('グループA'); ←グループ名を入れるとログインしたグループAの人が見れます。
lck_cloud('グループA,グループB'); ←カンマ区切りで複数となり、グループAとグループBの人>が見れます。
『制限したいページがHTMLファイルの場合』
ページが.htmlファイルでPHPコードが走らない場合は、.htaccessを使って次のように設定すると、拡張子が.htmlでもPHPコードが動きます。
(1)メモ帳で次の内容を書きます。
AddHandler application/x-httpd-php .php .html

(2)ファイル名を.htaccessにして保存する。
(3).htaccessファイルをサーバーへアップロードする。
[戻る]




--- 広告 ---