会員サイトを簡単作成!課金システム、プラットフォーム構築、交流・コミュニティサイト、動画サイト、スマホ対応までLCK cloudにお任せ!

現在2,149の会員制サイトが作られています。
(※リアルタイム値)
無料登録ログイン

TOP » オプション機能 » ショッピングカート
ショッピングカート
[戻る]
本体システムが有料版専用のオプションです。
オプション名 初期費用 月額料金
ショッピングカート 500円

700円

/月

※このオプションのお試し版はこちらです。

ショッピングカートとは?
会員機能と連動したショッピングページを、簡単に作ることができるシステムです。会員グループによって商品を見せたり見せなかったり割引率を変えたり、会員制サイトならではの機能があります。
会員登録を経由
購入時に会員登録してもらうことができます
ゲスト購入
会員登録しなくても購入できる設定ができます。
購入制限
特定の会員グループしか購入できなくすることができます。
商品ごとに税率変更機能
商品ごとに標準税率、軽減税率8%、非課税の個別設定ができます。
売り切れ機能
在庫管理ができます。
商品の表示制限
商品を会員グループによって見せたり見せなかったりできます。

サンプル

ショッピングカートのサンプル

その他の機能

  • 項目追加オプションの名前や住所の項目と連動
  • 送料一律または都道府県別で送料自動計算
  • ○○円以上で送料無料の設定
  • 送料個別設定(メール便商品など)
  • 内税、外税の設定(税込み価格の自動計算)

対応決済方法

Stripe(ストライプ)ダイレクト決済
  • クレジットカード/デビットカード
    Visa、MasterCard、Amex(初期状態では3ブランドです)
    ※JCB、ダイナースクラブ、ディスカバーは追加審査が必要です。
  • Apple Pay/Google Pay(初期状態では使用不可です)
    ※証明書の設定が必要です。
・対応させる場合のみ『Stripeのアカウント作成』と『会員制サイトへAPIキーの設定』が必要です。
・運営者の銀行口座への引き出しまでに通常4日(JCBは30日)かかります。
・引き出しまでにかかる日数はカード会社とStripeが決定しており変動する可能性があります。
PayPal(ペイパル)アカウント決済
  • クレジットカード/デビットカード
    Visa、JCB、MasterCard、Amex
  • 銀行振込(※)
    みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、ゆうちょ銀行
    (※) アカウント状態または取引の内容によっては、PayPalを通して常に銀行口座から支払いを行えるとは限りません。銀行口座からの支払いが利用できる場合は、支払いページの支払方法に銀行口座が表示されます。場合によっては、PayPalアカウントにクレジットカードまたはデビットカードを登録している場合にしか銀行の支払いオプションが表示されないことがあります。
・対応させる場合のみ『PayPalのアカウント作成』と『会員制サイトへAPIキーの設定』が必要です。
・運営者の銀行口座への引き出しが5万円未満の場合、PayPal側で250円の手数料が差し引かれます。
その他
  • 銀行振込(※銀行振込だけにすることもできます。)
  • 代引き(※代引きだけにすることもできます。)
  • 直接案内(※購入後に管理者が直接案内を送る形式です。)

お申し込みの流れ

1申し込みページへアクセス
マイページTOP下部の「ショッピングカート」項の、
「▶正式版お申し込みはこちら」をクリックします。
オプションのお申込み場所を確認するもご参考ください。
2申し込みページ確認
ページ下部の「申し込み」をクリックします。
3料金確認
実際に発生するお見積りが表示されるので、お支払い金額を確認し「申し込む」ボタンを押します。
4お支払い
お支払いボタンが表示されますのでクリックして決済ページへアクセスし、お支払いください。お支払い後は、状態欄に「支払い済み」と表示され、24時間以内にサービス開始のご案内が到着します。セットアップが開始されると「セットアップ中」とおよその時間が表示されますので、 お待ち頂いている間も状況をご確認頂けます。
24時間以内
5セットアップ完了
お支払い確認後、サポートから24時間以内にセットアップ完了の案内がメールで送られてきますのでお待ち下さい。マイページの「ご請求とお支払いの照会」からセットアップ状況をご確認頂けます。
正式版ご利用開始
5管理画面へアクセスして設定する
管理画面の左側メニュー部分に①『ショッピングカート管理』枠が表示されます。この中にショッピングカートに関する管理や設定メニューが表示されますのでクリックして設定および運用を行ってください。

②が実際に会員側に表示されるメニューです。
次のStep6の手順でメニューを切り替えてください。
6メニューの設定をする
「非表示にしているメニュー」から運営内容に合わせてメニューを変更してください。
1.非表示メニューから公開メニューへ切り替え方法
2.メニュー名の変更と移動方法
3.メニューを特定のグループにだけ閲覧できるように制限する
運用開始