会員制サイトを簡単作成!課金システム、コミュニティサイト、オンラインサロン、ファンクラブサイト、動画配信、スマホサイト対応までLCK cloudにお任せ!

現在1,967の会員制サイトが作られています。
(※リアルタイム値)
無料登録ログイン

TOP » ご利用ガイド » Stripe APIキーの連動設定をする
Stripe APIキーの連動設定をする

Stripe APIキーの連動設定をする
Stripeと会員制サイトの連動はAPIキーの設定のみです。Stripe上で商品を登録したり料金の設定をする必要はなく、会員制サイト側からAPIを経由して自動的に連動されるようになります。APIキーの設定後はStripe上ではお金の管理のみとなります。

オプションお申込み直後
会員課金オプションのお申込み後は管理画面に下図のように「会員課金オプション管理」枠のメニューが表示されます。この中の「API認証情報の設定」をはじめに行います。(この設定は初回の1回だけです。)

Stripe APIキーの確認
ダッシュボードからメニュー部の「開発者」をクリックし「APIキー」をクリックすると表示されます。※メニューが上部に表示されている場合は右上にあります。
キーのコピーについて
キーの一部が「.....」と省略表示されている場合があります。キー部分をクリックまたは全てを表示してからコピーしてください。アカウントの状態によってはシークレットキーのみ省略表示されている場合もあります。取得できなくなった場合は画面右の「・・・」アイコンをクリックして新しく生成してください。

上図の画面に表示されている「公開可能キー」と「シークレットキー」の2つを
会員制サイト側の管理画面の「API認証情報の設定」の中へ張り付けて下さい。
※PayPal用の欄は空欄でOKです。

以上でStripeアカウントと会員制サイトの紐づけは完了です。