現在386の会員制サイトが作られています。
(※リアルタイム値)
無料登録ログイン

TOP » ご利用ガイド » ご利用ガイド
ご利用ガイド
[戻る]

PayPalの気になる疑問をQ&A形式で回答します
 

販売者もPayPalを使えるの?
PayPalは支払いだけでなく、お金を受け取ることができます。受け取りにも対応したPayPalアカウントは「ビジネスアカウント」と名づけられています。

販売者がPayPalを使うメリットは?
導入費用と維持費(基本料)が0円で始められるという点と、顧客のカード情報を管理する必要がないため取扱いが容易でトラブルに巻き込まれにくいという点です。

費用は?
利用者側(支払う側)も販売者側(お金を受け取る側)もPayPalアカウントの登録や年会費がかからないため無料です。支払う側(利用者)は手数料などもありませんので、完全無料ですが、販売者側はお金を受け取るときに手数料が徴収されます。(海外送金の場合は為替手数料が発生する場合があります。)

審査は?
クレジットカード決済を導入する場合、取り扱う商品の審査が必要ですが、PayPalのビジネスアカウントは、商品の審査が不要です。必要なのは本人確認です。免許証などの身分証をスマホで撮影し、PayPal上へアップロードします。後日送られてくるハガキを郵便で受け取り、確認コードを入力することで認証が完了します。費用は0円です。

お金を受け取る際の手数料はいくら?
商品金額の3.6%+40円/件です(注)。国内のクレジットカード決済代行の場合、導入の初期費が高額なケースが多く、手数料は4%前後+基本料金が発生するところもあるため、国内向けの代行業者と比較するとPayPal決済は手軽と言えます。
(注)正確な金額はPayPalサイトよりご確認下さい。

お金を受け取る方法は?
利用者からPayPalで支払われた場合、お金は販売者のPayPalカウント内に貯まっていきます。PayPalに引き出し用の銀行口座を登録しておき、その銀行口座にお金を引き出すことが出来ます。引き出す金額が5万円以下の場合、250円の手数料が発生します。

PayPalで気をつけることは?
簡単なようですが一番重要なことはパスワードを複雑にすることです。PayPalの利用者は世界で2億人を越えます。被害に合われたケースのそのほとんどがパスワードの乗っ取りが原因と言われています。パスワードを複雑にすることはとても重要なことと言えます。

購入時に手間はかからない?
PayPalアカウントを持っていないお客様が支払う場合、お支払いと同時にアカウント作成もできますのでとても簡単です。次回のお支払いはIDとパスワードだけで完了します。


[戻る]




ペイパル|新規登録無料、カードのポイント貯まる|VISA, Mastercard, JCB, American Express, Union Pay, 銀行


--- 広告 ---